2013-1月 ロネ&ジージ特集 Clowning Around

雑誌クラウニングアラウンド

2013年3月 ロネ&ジージ特集号

2013年3月のワールド・クラウン・アソシエーションのコンベンションで、ヘッドライナーをやらせていただきました。

その直前に、クラウンニング・アラウンドという雑誌で特集を組んでいただいたものです。

表紙 

A4より少し大きいレターサイズっていうのかな? 上の画像が表紙です。

目次

イラストはAngel  Contreras、写真はクラウンキャンプ木曽のものです。

木曽でのクラウンキャンプが本家で評価されて嬉しいです!

ディレクターからの紹介文

ディレクター:リチャード・スノーバーグ(※Dr.Richard Snowberg)

記事本文です

タイトル:RONE and Gigi Open Sesame 日本のシアタークラウン劇団

記事:Bruce “Charlie” Johnson

見開きです!

ジョンソン氏は、ワールド・クラウン・アソシエーションのヒストリアンで、世界のクラウンの歴史について深い造詣を持っています。ロネとジージのことをずーっと昔からどこかで覗いていたのかと思うほど、いつも記事を書いてくださっています。

タイトル:付録 RONE and Gigi について

記事:Dr.Richard Snowberg

ウィスコンシン大学クラウンキャンプの創始者でディレクター。2015年のクラウンキャンプ木曽5周年にも特別講義をしに来日してくださいました。

ロネとジージについての追記です。

  • 上:グランドキャニオンでのロネ&ジージ
  • 中:2006年クラウンクルーズで。左からロネ、リチャード・スノーバーグ、キャシー、リー・マラリー、ジージ
  • 下:クラウンキャンプ木曽でのショット

クラウンキャンプ木曽の写真もあって嬉しいです~!

んが、日本では出さないショットが。。。(汗)

まとめて見るなら

雑誌クラウニングアラウンド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。