【京都国際映画祭】サイレント/クラシック企画 出演します

トーク&上映会

ローレル&ハーディ特集/コンビ芸の美学

能楽堂に初めて出演します。ドキドキ、ワクワク。能舞台の「橋掛かりを歩く」なんて!

ロネ&ジージの、なんちゃってローレル&ハーディの物まねステージはできるかどうか、、、。会場が能楽堂のため、当日までわかりません。

喜劇映画研究会提供の秘蔵「ローレル&ハーディ」の映像を見ながら、サイレントコメディ映画の魅力と道化師の関係について語ります。素顔です。

関西エリアの方、会いにきてね!

映画「僕たちのラストステージ」を見た人も見ていない人も!

上映する映像: ローレル&ハーディーの短編コメディ映画

上映するのはこの2本。何度見てもおもしろい。クラウンには学習材料の宝庫。

リバティ 19分

ミュージック・ボックス 28分

出演

ロネ&ジージ

  • 道化師の技術についてと、喜劇の演劇的表現のエッセンスをお話し。
  • 歩く演劇史とも呼ばれるロネのユニークな雑談も
  • クラウニング(道化師の型)のいサンプルをいくつか実演します
ロネ&ジージ モノクロ

新野敏也(あらの としや)

喜劇映画研究会の二代目代表。1985年より欧米の国際フィルム・アーカイヴ連盟(FIAF)加盟美術館や
各国の著名収集家からフィルムや資料を譲り受け、『コメディの歴史を網羅したコレクション』を構築した。
これらの資料を主軸に、映画祭、ライヴ・イベント、教育機関、各種メディア、博物館などで講演や企画協力を
行なっている。撮影技術、演出、製作プロセスの分析を得意とする。
ブログ「君たちはどう笑うか」http://blog.seven-chances.tokyo/

<喜劇映画研究会>(きげきえいがけんきゅうかい)

1976年に当時中学2年だった劇作家のケラリーノ・サンドロヴィッチが文化祭で行なった自主上映会を出発点に、
現在は文化啓蒙と社会貢献を目的に活動展開する非営利サークル。
http://kigeki-eikenn.com/

なべ おさみ

なべおさみ

司会:清水圭

清水圭photo rights:Yoshimoto Kogyo

こんな人向け

もし、どれかひとつでも当てはまるなら◎!

  • サイレントコメディ映画ファン
  • クラウンのファン
  • チャップリンやローレル&ハーディーが好きな人
  • アイラブ・ルーシーが好きな人
  • テレビのお笑いが物足りない人
  • アメリカのTVコメディと日本のお笑いと何が違うんだろう?と思っている人
  • 「行動する演技」に関心のある人

日程:2019年10月19日(土)13:50~15:20

※開場は13:30です。

会場 大江能楽堂

〒604-0944 京都府京都市中京区押小路通柳馬場東入橘町646

TEL.075-231-7625

一見平屋なのでわかりにくいかも、という情報もあります。お時間に余裕をもっていらしてくださいね。

・地下鉄東西線「京都市役所前駅」西へ 4分
・京都市バス15・51系統「堺町御池」北へ 2分
・お車:専用駐場はありません。

料金(税込・全自由席)

自由席 – 前売1,000円/当日1,200円

※お子様も同一料金

※当日券でも入れます!

ご予約

前売は、要予約、予約のないご入場は当日券となります。
 
クラウン劇団OPEN SESAMEではお取り扱いがございません。
ご予約の方は、上記のフォームからご予約ください。