ライブ「仮面舞踏会」、前売開始。ブックハウスカフェ「動く絵本」前売中。

クラウンキャンプ・ジャパン2024

目次

クラウンの核がわかると言われるプログラム

目からウロコ、クラウンの基本と応用を参加者のレベルに合わせて学習できるプログラム。初心者から経験者まで、多くの学びを期待できます。

初心者:衣装やメイク道具をそろえ、プロのサポートにより、まったく初めてでも幅広い経験をすることができます。
経験者:シルクドソレイユと同じカリキュラムで、学習を深めていただくことができます。
ただ「何だろう?」と興味をもっただけの方:セサミ・ストリートやルーシー、MR.ビーンを生んだ国々のユーモアを知り経験することができます。

講師

指導:Rone&Gigi(ロネ&ジージ)

もっと詳しく>

クラウンキャンプ・ジャパン2024 プログラムは3つ

メイン・プログラム
6/27(木)~6/30(日) 3泊4日

「クラウン」という体験をしながら学習しよう

講座と実技の授業
施設訪問パフォーマンス。
ショーは6月30日(日)

  • クラウンのおでかけ
  • メインプログラムの最終日は、ロネとジージ、そしてメインプログラムの参加者みんなでパフォーマンス。木曽エリアの方たちが楽しみに見に来ます。

ポスト・プログラム 
7/2(火)-7/6(土) 5泊5日

ゴールは近隣施設への訪問パフォーマンス・ショー

10名限定の超集中講座期間:調整中 7月2日(火)~7月6日(土)…7月6日(土)朝食後に解散の予定

このプログラムの参加者が主役のショーをクリエイトします。

  • 講座と実技の授業
  • 出演作品のリハーサル(マンツーマンの場合も)
  • スキルディスプレイなどグループでのプログラムにも出演
  • 施設訪問パフォーマンス(参加者が創るショー)


しっかり学習 ウィーク・プログラム 
メイン+ポストプログラム

希望者は、7/1に個人研修を受けることもできます。

クラウンについての、とても簡単な説明

「クラウンって何」「ピエロのこと?」と言われるのが日本では普通です。

「クラウン」は、一言で言えば「人や社会の矛盾や不合理を切り取って、笑いを生み出す」職業です。こどもから大人まで観客の年齢層が幅広いため、「下ネタ」、「教育上不適切な題材と表現」はタブーとされています。難しい歴史をひとまず横に置いて言えば、日本には輸入されていない欧米の伝統的な芸術の分野だと言えます。

この「クラウン」、欧米ではほぼすべての芸術に影響を与えるだけではなく、考え方や生き方にもそれは及んでいるということは、日本ではまったく知られていません。クラウンキャンプ木曽をリードするロネとジージは、日本のシアター・クラウンの草分けとして、30余年に渡り文化の普及と理解に貢献してきました。

クラウンキャンプ・ジャパンもその普及活動の一環です。クラウンを日本語で説明するのは、まるで「チョコレートを見たことも食べたこともない人に、それを説明すること」と似ています。

MEMO
参考までに「ピエロ」(フランス語)は、特定のフランス古典喜劇に出て来るキャラクターの名前で、「アルルカン」「アルレッキーノ」とも呼ばれます。どれほど欧米のDNAにしみこんでいるかは、PRADAなどのバッグの名前でもわかります。

クラウン的な発想に基づくもの

「クラウン」が何かをわかりやすくするために、クラウン的といわれる、クラウンの考え方や手法を使ったものをいくつか挙げてみます。まずは、それらに共通する「感じ」が「クラウン」だと思ってください。順不同です。たくさん挙げてもキリがないので、ほんの一部です。

チャップリンの映画(映画)
アイ・ラブ・ルーシー(テレビ)
ライフ・イズ・ビューティフル(映画)
ディズニー
ローレル&ハーディー
Mr.ビーン

海外では、職業クラウンになるために、国立の学校を約6年かけて卒業する国もあるほど、身につけなければならない技術がたくさんあります。最近では、その技術の中からいくつかの技術を抜粋するスタイルで、さまざまな場面で「クラウン」が応用されるようになってきました。
その技術とは、「秀でたコミュニケーション能力」や「笑いを生むユーモアの視点」という部分です。

クラウンを学ぶとは、歌舞伎俳優のように多岐に渡る技術の数々を学ぶだけでなく、人間を学び予期せぬ出来事に対応する対応力を磨くこと、コミュニケーションのスキルを磨くことでもある点が、クラウンのユニークな部分です。

そして、クラウンは「演技の方法」でもあり、ハリウッド、ロンドン、ロシアなど、海外の俳優にはクラウン的な表現やクラウンの役ができる人はたくさんいますが、島国日本には、ほとんどいないのが現状です。

目次