次回、3月8(金)-10(日)表参道ライブ「ウエィターズ2024」、怪我からの復活が見られるか…?

【終了】ロネ&ジージ 緊急支援プロジェクト2024

緊急支援求む

突然、コロナ禍を越える危機に面し、廃業と背中合わせの状況の中、急遽実施したセサミファンドでした。予想をはるかに越える励ましとご支援をいただき、感謝と同時に身の引き締まる思いです。

支えてくださったお一人お一人に、心から感謝いたします。

私たち個人というよりも、私たちの生み出すステージや世界観に寄せられたこのファンド、怪我からの快復も含めて、今後の活動に生かしていきますので、どうぞ会いに来てください。
見に来てくださる方あっての私たちです。今後ともどうぞよろしくお願いします。

「幸せなキモチ」を届けられる作品作りをコツコツと重ねていきます。

2024年1月22日 RONE & Gigi


国際的に活躍するロネ&ジージのOPEN SESAMEです。9月、10月ロネとジージが相次いで怪我をしました。この影響で、活動の休止を余儀なくされ、突然の経営の危機に瀕しています。この状況を越えて再び活動を続けていくために、どうか皆様のご支援をお願い致します。

コメント欄にお寄せいただくコメントがサイトに反映されるまで少し時間がかかります。ご了承ください。

更新2024/1/22

目標金額:2,000,000円

最終日の達成金額:4,923,440円(内訳:4,793,500円 +$890.00)
・リターンのご購入:774,000円、寄附4,149,400円

支援者数 179名

達成まであと:-2,923,440円

募集終了まで残り 0日

実施期間:2023年12月6日(木)~2024 年 1 月 21 日 23:59:59まで

ありがとうございます!
12月14日(木)、ファンド開始から8日間で、200万円に達し目標を達成することができました。
ご支援に心から感謝いたします。
当初、集まるのだろうかという不安を抱えながら、何とか生き延びられる最低の金額を目標金額に設定してスタートしたファンドでした。

その目標額には達しましたが、ご支援の輪がさらに広がれば安心して療養リハビリに専念できます。リターンの商品をお届けすることも、生のパフォーマンスを見ていただく機会も作れます。また「こども食堂」などの訪問パフォーマンスなども展開していくこともできる、そう考えて、予定通り2024年1月21日までこのファンドを継続ました。

※最新情報は、ブラウザを更新してご覧ください。

この山を越える!そして、またこの世界にあたたかな幸せなキモチを届けたいのです。

今回、はじめての試みではありますが、セサミ独自のセサミ・ファンドというスタイルで、緊急クラウドファンドを開始します。

【その理由は】
クラウドファンドをする場合、前回のようにCampfireやReadyforなどの専用サイトを使用することを考えました。しかしその場合、公開までに時間がかかること、終了後にセサミに入金されるのは早くても来年2月末になること、みなさまにご支援いただいた金額の約20パーセントがサイトの手数料になります。(具体的には、誰かが仮に1万円のご支援をくださった場合、セサミに約7500円、残りはサイトに手数料を支払っていることなります。)

緊急クラウドファンドということで、大急ぎでこのサイトを作りました。誤字、文章がへんてこりん、などあるかと思います。今後直してまいりますので、どうかお許しください。

通常、クラウンファンドをする場合、団体の自己紹介や、自分たちの信条などを最初に書くのがお約束、だと承知しています。けれど、このページを訪れる方の90%以上は、何らかの形で私たちのことをご存じだと思うので、自己紹介を最後にしました。

ロネ&ジージ

以下の文章はロネが書いています。

目次

OPEN SESAMEの現在の状況

2023年、33年目に怪我で存続の危機

2023年9月2日土曜日、朝日新聞Beに掲載していただきました。33年活動してきて、土曜版の全国紙のトップを飾るというのは初めてでした。
予想以上の反響に、2人しかいない事務所はパニック状態に陥りましたが、おかげさまで9月のライブは、33年目にして初めてステージ数を追加して満席で終わることができました。

朝日新聞2023.9.2be
https://twitter.com/be_on_Saturday/status/1696803652944658516?s=20

私たちの活動を知ってくださる人が増えたのは本当に嬉しく、今後の活動でみんなと一緒に笑えるとワクワクしてアイデアを考えていました。

今まで知らなかった方たちに笑ってもらえる機会が作れたことが本当に嬉しかった。
2023年9月30日現地時間の16時27分、インドでの国際クラウン・フェスティバルのフィナーレで、ロネが約2mのステージから転落し全身打撲、両膝捻挫、肋骨複数骨折をしました。死亡事故でもおかしくない状況で、この程度ですんだのは本当に幸運だったというほかはありません。

帰国後の11月祇園ライブや多賀でのライブは、ロネができるだけ動かなくてすむように演出を変更し、当日は鎮痛剤を貼っていましたが、見ているお客様に気付かれることなく奇跡的に無事に終了することができました。

そして、その後に控えている東近江市芸術文化祭での公演に向けての、リハーサルの最中、今度はジージが転倒して左足の骨折。本番の1週間前のことでした。ロネの動きをカバーできるように演出を変更したためのリハーサルでした。

いつもでしたら、そんなときはロネがジージのカバーをするのですが、ロネが先に怪我をしていたので、「ふたりそろって動けない」、という状況になってしまったわけです。

怪我の詳細は下記をご覧下さい。↓↓ ↓↓

主催をはじめ関係スタッフの顔、チケットを買って待っていてくださる人たちのことがすぐに頭に浮かびました。

公開イベントだけでなく、他のクローズドイベントへの出演も、キャンセルとなってしまったことは言うまでもありません。
関わってくださったみなさま、本当に本当に申し訳ありません。

2023年11月1日、OPEN SESAMEは33周年を迎えました。

33年続けてきたことをささやかに祝おうと思っていた矢先に、受注していた仕事がすべてキャンセルとなりました。入ってくる公演料などが全滅で、予定しているものが入って来ない、活動が続けられないという状況に、突然なってしまいました。

live-カーニバル

OPEN SESAMEからお願い

今のこの状況を越えて、今後さらに活動を続けていくために、支えてください。

現在は、コロナ禍以上に厳しい状況です。怪我をしたことが原因で廃業する、ということは何としても避けたい。
まだまだみんなと一緒に笑いたいのです。あたたかな幸せな時間を過ごせる作品を届けたいのです。
いつか必ず終わりが来るけれども、それは今じゃない。。。

このファンドが達成されれば、またみなさまにワクワクするような時間をお届けできます。
そんな今後の活動は、以下のようなイメージです。

  • 2024年1月 「CLOWN TIME 2024」公演 アルテリオ小劇場
    • ※動ける範囲で頑張ります。
  • 2月 「The Big Ears Show」ブックハウスカフェひふみ座
  • 3月 ライブ 表参道ラパン
  • 5月 「The Big Ears Show」ブックハウスカフェ ひふみ座
  • 6月 ライブ 表参道ラパン/クラウンキャンプ
  • 7月 クラウンキャンプ
  • 9月 ライブ 表参道ラパン
  • 11月 京都、多賀、関西方面でのライブ
  • 絵本や書籍などのクリエイション

 2025年に迎える35周年記念イベントの準備

※上記すべてのプロジェクトに手話通訳または舞台手話がついています。

また、小中高等学校での共生共育や教育普及プログラム研修プログラムなどにも力を入れて参ります。

 
アホなふたり

今までご支援いただいたみなさま、ロネ&ジージそしてそのステージを愛してくださるみなさまのためにも、クラウンを学びたいと集ってくださる受講者のためにも、何としてでも継続したい!

お約束します

ご支援に対して、私たちができること。

OPEN SESAME(オープンセサミ)はアーティストとして、ささやかだけれども実質的な社会活動を行っていきます。

見た後に残る暖かい気持ちが伝染し、いつもよりも少し誰かに優しく親切に声をかけられたら、そんな人がたくさん増えたら、みんながもう少し生きやすくなると思っています。誰かの間違いや失敗を怒って怒鳴りそうになったとき、ロネとジージのようだとふっと思い出して笑ってもらえれば、少しだけコミュニケーションが滑らかになる。
こういうことが積もってできる社会が私たちのクラウンとしてのゴールかもしれません。

そんなゴールを目指すロネとジージの世界は、支援してくださる方たたちおひとりおひとりに支えられ、成長していきます。海外ではそれを市民パトロン、エンジェルと呼びます。

さいたま芸術劇場
さいたま芸術劇場
GORECA シンガポール
GORCA(シンガポール) 特別支援クラスの生徒たち

リターンについて

リターンは要らない、または、リターンにプラスして寄付してくださる、という方のために、2タイプご用意しました。

  • 購入型:ターンのあるもの
  • 寄付型:お礼のカードをお送りします。

リターンの商品について私たちは、思わず顔がほころぶようなあたたかい笑いを真摯に作り、お返しいたします。
それがこのファンドのリターンであっても、数カ月後のステージや、新たに創造するグッズであっても。

セサミ・ファンドには、Campfireなどのような購入型と、リターンの発生しない寄付型があります。

製作するリターンについて:

2024 年 1 月 22 日 00:00:00にこのファンドが終了して製作資金ができてから、製作にはいります。

目標額に達しなかった場合は、リターンの製作はありません。その場合は、ご返金をいたします。

購入型

少しでもロネ&ジージらしいリターンをご用意したいと、知恵を絞りました。さらに増えるかもしれませんが、そのときにはここにアップいたします。

もし、「こんなリターンが欲しい」というアイデアがありましたら、どうぞお寄せください。

  • リターンをお送りするタイプ。
  • グッズ:今の私たちにできることで、心地よく笑えて「あたたかな幸せなキモチ」が残るものを作ります。
  • 体験・活動:楽しい時間、役に立つ時間、美味しい時間など

現時点でご用意したリターンは下記になります。

それぞれのタイトルバーの右側にある▼をクリックするとイメージと詳細をご覧いただけます。

先着や限定数が書かれていないものは、お申し込み数の上限はありません。

クリアファイル】A4クリアファイル2枚セット 2500円  現在4名
クリアファイル

Gigiデザインのオリジナルです。
ロネ&ジージからのお礼のカード付
発送時期:2024年4月頃

トートバッグ】 2500円  現在3名
トートバッグ1
トートバッグ2

12oz キャンパストートバッグ
布:ナチュラル
サイズ:30cm×20cm 底マチ約10cm
デザインは予定です。変わる場合は、お知らせします。
発送時期:2024年4月~5月頃

【CD】「おやつの時間」1~4話 4000円  現在1名
おやつの時間

ロネ&ジージ・オリジナルのラジオ作品。
CD+ダウンロード版MP3付
挿入音楽はロネとジージのオリジナル曲。
CDはデッキ、カーステレオなどでお楽しみいただけます。

【CD】「おやすみロネ&ジージ」1~5話 5000円  現在1名
おやすみなさいロネ&ジージ

CD+ダウンロード版MP3付。
CDは、デッキ、カーステレオなどでお楽しみいただけます。
夜寝るときのロネ&ジージ・オリジナルのラジオ作品。
オリジナルソング4曲入り。
発送時期:2024年5月~6月頃

【WEB講座参加チケット 3か月受け放題】先着3名 10,000円  (残席1名)
WEB3ヶ月受け放題1

有効期限2024年12月末日。
4月以降に開催するweb講座を3カ月受け放題。(個人研修を除く)
1回目を受講してから3カ月です。
「聴講のみ」、どんなものかのぞいてみたいだけ、という方でも大丈夫。

【Gigiのボディサポート120分】先着10名 15,000円 現在3名 (残7名)
ボディサポート

Gigiによるクラウン・レッスン、ボディー・サポート、のどちらかの個人セッション。
初めての方でもアドバンスの方でもOKです。出張もできます。
詳細はお打ち合わせで決めます。
実施期間:3月~11月の予定です。

【RONEのwebセッション 100分 】先着10名 12,000円 現在1名(残9名)
ロネwebセッション

有効期限2024年12月末日。
ロネのweb個人セッション。
クラウンに関する内容、クラウンについてなど、お悩み・疑問・質問にお答えします。
初めての方でもアドバンスの方でもOKです。出張もできます。
内容・日程はお打ち合わせでご希望をお伺いしてから決めます。
実施期間:3月~9月の予定です。

【RONEのリアル・セッション】先着10名 15,000円 現在1名 (残9名)
ロネのリアルセッション

有効期限2024年12月末日。
ロネのweb個人セッション。
クラウンに関する内容、クラウンについてなど、お悩み・疑問・質問にお答えします。 100分。
初めての方でもアドバンスの方でもOKです。出張もできます。
内容・日程はお打ち合わせでご希望をお伺いしてから決めます。
実施期間:3月~11月の予定です。

【WEB講座参加チケット 5か月受け放題】先着3名 20000円 (残席1名)
WEB5か月受け放題2

有効期限2024年12月末日。
4月以降に開催するweb講座を4カ月受け放題。(個人研修を除く)
1回目を受講してから4カ月です。
「聴講のみ」、どんなものかのぞいてみたいだけ、という方でも大丈夫。

【GigiのWEB個人研修】先着10名 30,000円 現在1名(残9名)
GigiのWEB個人研修

Gigiによるオンライン個人レッスン90分。内容は、レッスンのほか、スキット作品を作る、などご希望を伺って詳細はお打ち合わせで決めます。
有効期限2024年12月末日。
初めての方でもアドバンスの方でもOKです。
詳細はお打ち合わせで決めます。
実施期間:3月~9月の予定です。

【アフタヌーンティー】 40,000円/1名様 限定10名 現在1名 (残9名)
アフタヌーンティー

ロネ&ジージと一緒に楽しくゆっくりおしゃべりしながらのアフタヌーンティーを楽しみます。
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル メロディア(品川駅直結)予定。
※ご自身のご飲食代が別途必要です。(約7000円前後)
※お話がしやすいように、上限5名ずつのグループに分けて実施します。
日程などはご相談で決定します。
実施期間:3月~11月の予定です。

【ランチ】 50,000円/1名様 限定10名

八王子の自然の中にあるレストラン(予定)。ジャパネスクと、アールヌーボー、和と洋が混じりあう大正モダンの香気漂う空間でロネとジージと語りながら一緒にリッチなランチ。
ちょっと都会を離れて一緒にゆっくりしましょう。
日程などはご相談で決定します。
※ご自身のご飲食代が別途必要です。(約10000円前後)
※お話がしやすいように、上限5名ずつのグループに分けて実施します。
実施期間:3月~11月の予定です。

【ロネ&ジージのパフォーマンス40分】 80,000円/1組 2組限定  残り1組
パフォーマンス1

パーティーや集会、個人で楽しんでもOK。ロネ&ジージがあなたのためにショーをします。歌、ダンス、トーク、マジックなど。内容はご相談の上。(会場の状況によってもプログラムが変わります)
実施期間:3月~12月の予定です。

会場、日程など詳細はお打ち合わせで決めます。
※写真はイメージです。
※会場のご用意をお願いします。(レストランホール、ご自宅リビング、ダイニング、和室などご相談ください)
※会場についてご相談いただけます。(その場合は会場費別途)

【ビッグイヤーズ・フォー・キッズ】 100,000円 現在1名

あなたのご支援で、鑑賞会をやりたくても予算のない児童施設を訪問して、ロネ&ジージがパフォーマンスします。(児童施設、こども食堂など)
内容は、通常13万+交通費のパッケージ・ショー45分と同じものをやります。

もし、訪問をご希望の施設があれば、お伝えいただければその施設へ伺えるように調整いたします。
実施後に、写真入りのご報告をお送りいたします。
ご希望の方は、同行も可能です。またプロジェクトスポンサーとしてWEBでの実施記録や印刷物にお名前を掲載いたします。

実施期間:2024年4月~12月末まで

【ロネ&ジージ・フォー・シニア】 100,000円 現在1名

内容は、通常13万+交通費のパッケージ・ショー45分。

訪問をご希望の施設があれば、お伝えいただければその施設へ伺えるように調整いたします。
実施後に、写真入りのご報告をお送りいたします。
ご希望の方は、同行もできます。プロジェクトスポンサーとしてWEBでの実施記録や印刷物にお名前を掲載いたします。

実施期間:2024年4月~12月末まで

※ビッグイヤーズに変更もできます。

【ライブ貸切】 250,000円 上限4名様
ライブ貸切

2024年の表参道ラパンで行われるライブの、いずれか1回をAシート(フード1品、飲み放題)で貸切。
20名様~40名様まで、ご希望の人数でご覧いただけます。
Sシート、SSシートをご希望の場合は、Aシート7100円とご希望のお席の差額を人数分申し受けます。
開催予定月:3月、6月、9月(予定)
日程が決まり次第、お伝えいたします。

【ライブご協賛スポンサー】 500,000円
ライブご協賛

2024年の表参道ラパンで行われるライブを開催するご支援。
開催予定月:3月、6月、9月(予定)
開催日程がわかり次第、お伝えいたします。

ご希望の方は、ご協賛スポンサーとしてチラシ、WEBサイトなどにお名前を掲載いたします。
製作するPV動画などで協賛スポンサーとしてお名前をクレジットいたします。
該当ライブのごSS席ご招待券10枚をプレゼントさせていただきます。
貸切をご希望の場合は、ご相談ください。

寄付型ファンド

  • 文字通り、活動に対しての支援です。
  • ファンドの終了後に、ロネ&ジージからお礼のカードを郵送いたします。

ご支援・サポートの方法

購入型の場合

メールやLINE、FAXでご購入いただけます。
また、ショップサイトのご利用に向けてただいま準備中です。

方法 その1

STEP
お申込み

メールまたはLINEで、「件名:セサミファンド」、「お名前」、「メールアドレス」、「お電話番号」、「ご希望のリターン」、「数」、「ご入金額」をお送りください。

STEP
ご入金

下記のいずれかの方法で、ご入金。

STEP
ご連絡します

OPEN SESAMEから商品の発送時期などをご連絡をいたします。携帯電話のメールをご利用の方は、ご返信が届かない場合があるので、できるだけLINEからご連絡ください。

■方法 その2

STEP
ショップサイトでご購入⇒ただいま準備中

【支援】のグッズを選択して、お買い物。

STEP
ショップサイトからご連絡

商品について必要なご連絡をする場合があります。

STEP
商品の到着を待つ

寄付型の場合

メール、LINE、FAXのいずれかで「寄付を希望」、「お名前」、「メールアドレス」、「お電話番号」、「ご住所」をお送りください。

ご送金は下記のいずれかで

下記のいずれかをご利用ください。

<お振込み>
PayPay銀行 本店営業部 普通 8120285 口座名義 ユ)アットセサミ

<郵便振替>
郵便振替口座 00190-5-708154 OPEN SESAME

<クレジットカード>(Paypal経由)
ご送金先: info@op-sesame.com

下記のボタンをクリックするとPaypalのお支払に進むことができます。クレジットカードをご利用の方はこちらをご利用いただけます。また、1度クリックしただけでは「お支払い」にはならないのでご安心ください。

■金額をご自分でご入力いただくタイプです。

資金の使い道

いただいたご支援は、

  • 怪我の療養費
  • 差し迫ったOPEN SESAMEの維持費(固定費、人件費、その他経費)
  • 上記リターンの製作費
  • 2024年の活動の準備など

最後に

このファンドで、療養期間中から快復するまで、そして快復してからの時間でご提供できるリターンを考えました。
どうか、またロネ&ジージに会いたい、また見てみたい、活動を続けて欲しい、
そんな気持ちをぜひお寄せください。

もし、OPEN SESAMEが廃業してしまったら、伝統的な理論と系統だった学習システムを持ったクラウンのハウツウは、国際交流がさらに難しくなった世界情勢を考えると、また100年以上の時を待っても、日本には入ってこないでしょう。
どうか、どうかみなさまのご支援をお願いしたく、心よりお願いいたします!

Japan Theater Clown Company OPEN SESAME
ロネ&ジージ 

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

OPEN SESAMEのご紹介

(長いです)

OPEN SESAMEのについては、2021年コロナ禍でのクラウドファンドのページと、重複する部分が多いですが、初めての方のために改めて書きました。

ロネとジージは1990年11月1日にOPEN SESAMEというクラウン劇団を創立し、日本に輸入されていないクラウン(Clown)という、欧米では知らない人のいない芸術分野を極めるべく、ひたむきに精進してまいりました。

「クラウン」とは何か、についてはあまりに長くなるので別の機会に譲り、省略します。

私たちの仕事は、大きく分けると、アーティストとしての表現活動と、後進を育てこの分野を日本に普及させる教育活動のふたつです。

アーティストとしては、1993年から演劇的クラウンの先駆けとして劇場公演を展開し、また海外ではいくつもの賞を受賞するなど、使う技術の多様さとクオリティの高さにこだわり、日本でも海外でもトップクラスのクラウンとして活動をしてきました。そのステージは、台詞をしゃべらないのにわかる、観客の頭の中に台詞が聞こえる、と衝撃を与えてきました。また、2013年からは日本ではじめてカフェシアターでのライブをスタートし、こちらは喋りまくる、歌う踊るのみならずさまざまなスキルを駆使したステージをお楽しみいただいています。

僕たちの甲子園
「僕たちの甲子園 - 思い出のカケラより」

 教育者としては、スクール、講座を開催し、出身者には国内外に優れたプロのクラウンが何人もいます。ウイスコンシン大学(USA)クラウンキャンプでは、14年間常任講師としてアメリカ人にコメディを教え、シンガポールのレジデンス・アーティストとして、特別支援クラスで自尊感情を育てるプログラム、国内では、小学校の「いじめ防止対策」や「共生共育」としてコミュニケーションのハウツウを指導するなどの実績があります。怒らない、怒鳴らない、的確で具体的な指摘で誘導する授業は、海外で長いこと教育工学の教授と一緒に仕事をするなかで磨かれていった独自のシステムです。

2011年からは、ウイスコンシン大学クラウンキャンプ公認の合宿型クラウン学習プログラム「クラウンキャンプ木曽」をスタートし、地元の協力を得て、長野県木曽エリアに10年以上をかけてクラウンの楽しみや効果を浸透させてきました。

この日本にはない「クラウン」という芸術分野で、私たちが使っている技術は、ダンス、バレエ、タップダンス、ジャグリング、マイム、マジック、アクロバティックコメディ、日本舞踊、歌、楽器演奏(バイオリン、三味線、アコーディオン、ギター、ウクレレ、リコーダー、スライドホイッスルほか)、作詞、作曲、編曲、絵画・イラストと、ひとりの人間がやるにはとても数が多く、また、どれもスキルの維持と道具のメンテナンスには膨大な時間とエネルギーを費やします。

これらを最終的にキャラクターの「演技」に集約して使うのが、私たちの仕事です。一見、軽妙で適当に演っているように見えるコミカルなクラウンの演技は、「何もやっていないように見せる」ので、技術だとは思われないことが多いです。

また、ロネがクラウンになる前に受けてきた特殊な演劇教育の土台によって、欧米の芸術クラウンと日本の伝統芸術である歌舞伎を融合させることができるのも、ロネとジージならではの大きな特長です。

 国際的に活躍してきた経験を生かして、「日本に輸入されなかった芸術-クラウン-」を、チャップリンやチェーホフなど、日本人によく知られているコメディを例にして、演劇との深い関係や、ユーモアについてわかりやすく解説できるのは、日本ではOPEN SESAMEだけです。また、日本で初めてチェーホフ作品に出演したクラウンであり、日本に輸入されなかった芸術分野の紹介や、演劇など他の分野との関係を解説できる数少ないクラウンだと自負しています。

ロネとジージが作った劇団の、本来の団体名は、Japan Theater Clown Company OPEN SESAMEといいますが、国内では、「クラウン劇団OPEN SESAME」と表記することも多くなりました。

OPEN SESAMEの矜持

思い出しただけで、つい顔がほころんでしまう、そんな時間を提供し続けること、クオリティへのこだわり、誰も傷つかない笑いへのこだわりが、OPEN SESAMEの信条です。
ロネとジージは、アメリカ、ロシア、イギリスなどの師のもとで修業してきました。また、コツコツと自分たちの技術を磨き続け、その価値を認め愛してくださる方たちに支えられて、ここまで続けてくることができました。

見る人に「幸せなキモチ」を届けたいという思いは、そのクォリティと技術に裏付けされなければ伝わらない。そう信じて生み出してきた作品は、「同じ作品を何度見ても笑ってしまう」という感想をよくいただきます。なぜ技術やクォリティにこだわるのか。それは、クラウン文化のない日本で、いいパフォーマンスをしないと、「クラウン」そのものが「価値がない」という評価になるからです。

1990年の設立以来、ステージでも学びの場でも、目指してきたのは「心のお洗濯ができる時間」、「幸せなキモチになれる時間」です。それを必要とする人、その時間が心地よく、楽しみにしてくださる人に見ていただいています。その結果、世代や性別、国籍、言語、障碍の有無などを越えたお客さまが集まった、ということです。

 ダイバーシティとか多様性とかを声高に謳うわけではないのに、結果的に多様性が実現されている、笑って泣いたあとの心の元気を紡いでいく時間と空間を、必要としている人に届けたい、そういう活動をまだまだ続けていきたいのです。

見終わったあとに爽快感が残る、他者に優しい気持ちになれる、そんな笑いを届けるために日々コツコツとアイデアを生み出し、それを形にするための努力を続ける、それがロネとジージのクラウンとしての矜持です。

シンガポールで

あらためてロネ&ジージ

動く絵本のようなロネとジージが表現するのは、どちらもポンコツなキャラクターです。ジージは短気で怒りっぽくせっかちでいつも威張っている、ロネは愚図で弱いからちょっと狡っこい。そんなふたりのキャラクターがいて、それがその時によって、大きな耳のビッグイヤーズだったり、人間に近いおじさんキャラクターだったり、さまざまな物語の登場人物を演ったりします。

いずれにしても、愚かさから間違えたり失敗したり、気づかなかったり、逆に信じすぎてしまったり、そんな繰り返しでお客様に笑ってもらいます。見る人が作品を通して、「ああバカだなぁ~」「ああ、そうじゃないよ」と笑いながらそんな馬鹿さ加減を優しいまなざしで見てくれればと思って作品を作っています。こんなふうに笑いを生む愚かな人や状況は、実は日常生活ではよく遭遇していて、実際に周りにいるとやっかいなことが多いのですが、それがクラウンの作品になると笑えるから不思議です。

日常生活のなかで、イラっとするようなことがあったときに、ロネとジージを思い出してもらってフッと笑ってもらえたと聞くと本当に嬉しいし、ワークショップを経験した小学生が、スポンジの赤い鼻をいつもランドセルの中にいれていて、気持ちが落ち込むと握りしめて「よしっ」と言ってくれるというのも、クラウンの効果だなと思うのです。余談ですが、いつもジージに叱られている愚図なロネのキャラクターは、小学生には絶大な人気があります。いつも叱られている同志だからです。

ロネとジージの作品に触れたり、生のステージを見たりすることで、ほんの少し現実の厳しさから目をそらして気分転換ができたり、気持ちにちょびっと隙間ができたりすれば、それがゆとりになると思うのです。気持ちにゆとりができれば、誰かに優しくできたり、ちょっと挨拶してみたり、親切にできたりして、ほんの少しの「幸せなキモチ」がほんの少しだけ周りの人に伝染していったりしませんか?

ロネとジージは、自分たちの作品がそんなふうなスタイルで社会貢献できればいいと考えています。
出会う人の心にそっと寄り添う笑いになれれば、と思うのです。

そして、そのためにはそのポンコツなキャラクターが繰り広げる世界のお話が、より自然によりリアルに伝わるように、技術を磨くことが自分たちに求められることも知っています。

あれほど笑わせてくれるチャップリンは、見ている人は笑ってしまっているので気が付かないかもしれませんが、陥っている状況はかなりネガティブな状況だったりします。それを見事に笑いに昇華させているから安心して笑えるのです。また、同時に見ている人は、あれは演技だとわかっているので、絶望的な状況でも笑い飛ばすことができるのです。演技だとわかっているのにリアルに共感を呼ぶ、というところがクラウンの技術なのです。

クラウンにもいろいろなタイプがいます。笑いの種類は味覚と同じで千差万別。キートンが好きな人もいれば、チャップリンの方が好きな人もいる。共通して言えるのは、見ないとわからない、ということ。理屈ではなく、見て体験してからでないと、クラウンの良さというのはわかりません。


このページを見てくださっているあなたと、いつかどこかの会場でお会いできたら嬉しいです。

2024年9月旅人たち
2024年9月旅人たち
緊急支援求む

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (14件)

  • 痛いですよね、辛いですよね、バンソウコウを持って直ぐに飛んで行ってあげたいけど
    27日も28日も忙しすぎて行けません。
    ミルク代を少し送らせて頂きますね、どうか温まってぐっすり眠れます様に。

    • ばぁばらさん、いつもありがとうございます。お気持ちは届いています!頑張ります。師走のお忙しい中、どうかご自愛くださいね。ロネ

  • ゆっくりと休んでください。
    そして、また、世界中を笑いと涙と笑顔の渦で包んでください。待ってます!
    僅かですが、寄付させていただきます。

  • 最近舞台のお知らせが来ないなぁ、んん?と思ってましたら、こんなことになっていたとは!ロネさん、よく死なないでいてくれましたよかった!ジージさん、一人で背負ってしまって大変なことになってしまったんですね。復活して下さい。でもまずはよくよく療養して下さいね。

    • みわさん、ありがとうございます。こんなことになっていました><; 自分でもよく生きていた、と驚きました。復活に向けて頑張ります。ジージも少しずつ回復しています。またお会いしましょうね!

  • そんな事があったのですね。びっくりしました。どうかどうか、体を労って完全回復してください。ほんの気持ちですが寄付いたします。またお会いできる日を楽しみに♡

    • ありがとうございます!またお会いする日を楽しみにしています!

  • 2人揃って大けがされたなんてびっくりしました。
    不自由なことで大変でしょうね。完治するまで時間がかかると思いますが無理は禁物です!
    寄付いたします。

    • 依子さん、ありがとうございます!こんなところは揃わなくていいのにね^^; 時間はかかっていますが、ほんの少しずつ良くなってきているようなので、頑張ります。

  • facebookを見てビックリした。
    すごく大変でしたね。
    これからは気をつけましょうね!
    とにかく応援応援
    昨日少ないけど寄付しました。
    お身体をお大事に
    ではまたね

    • しのぶさん、応援ありがとうございます!リハビリ頑張ります!

  • 2人とも大変な年だしだねー
    でもまた元気な姿をステージに観に行くからねー
    ともかくしっかり静養して、きちんと治して下さいなー

    • あらぴょん、メッセージありがとう!頑張ります!骨折は、露天風呂と猫には気をつけまっす!

コメントする

CAPTCHA

目次